挙式スタイルはどう選ぶ??


皆さんは、挙式スタイルはどのように選ばれているのでしょうか?
もちろん、宗教上の関係で決まっている方もいらっしゃると思います。では、特に決まりのない方は?どのように選択されていらっしゃるのでしょうか?

日本でされている挙式スタイルには大きくわけて以下のスタイルがあります。
・キリスト教式
・人前式
・神前式
・仏前式・・・

この中でも、まだまだキリスト教式での結婚式が多いのが現状です。教会での結婚式確かに女性なら憧れる方は多いですよね!ドラマの結婚式シーンもだいたいは大きな教会でのキリスト教式やフラワーシャワー、ブーケトスなどの流れをよく目にします。
キリスト教式はカトリック・プロテスタントと2種類あり、分かりやすくご説明すると、◆カトリック=赤もしくは緑のバージンロード、神父さんが司式者、肌の露出はNG、両名もしくはどちらかが信仰していなければ挙式ができない。◆プロテスタント=白や青などなどのバージンロード、牧師先生が司式者、信仰宗教に関係なく挙式が挙げられる。
ということで、みなさんがよく目にされるキリスト教式のほとんどがプロテスタントの挙式となっています。
では、その他の挙式スタイルはどうでしょうか?

キリスト教式の次に多いのが人前式です。そして、神前式や仏前式が数パーセントという割合で選ばれています。

神前式や仏前式はイメージがつきやすいと思いますが、人前式については皆さんご存知でしょうか?こちらは挙式場所は問わず、ガーデン・古民家・レストラン・チャペルなど、さまざまな場所で挙げられる挙式です。司式者も式の流れも特に決まりはありません! 挙式にご参列いただくゲストへ誓いをたて、証人になっていただく挙式です。
最近は、自由に自分たちらしくオリジナルで挙式を挙げたい!という方々が増えているせいか、よく耳にするようになってきました。

人前式は式次第に決まりがないからこそ、おふたりが伝えたいことをご列席いただく方々へストレートにお伝えができるように思います。パーティの準備にはとても長い時間をかけられる方が多いように思います。でも挙式はどうでしょう?挙式スタイルが決まれば、あとは式次第の通りに・・・とあまり気にせずに当日をお迎えになる方もいらっしゃるかもしれません。パーティももちろん大切だし、ゲストの皆さまをおもてなしするために・・・とこだわってご準備をされるお気持ちもすごくわかります。でも、それと同じくらい挙式にもぜひこだわって欲しいと強く思います!!

今まで大切に育ててくださった親御様やご親族の皆さま、支えてくれたご友人、時には厳しく指導してくれた職場の方々・・・などおふたりの大切な方々に、結婚の誓いを聞いていただき、おふたりのご夫婦としての第一歩を見守っていただく・・・挙式はとても奥が深くて、一つ一つの事に意味がしっかりあって、その意味を皆さんにお伝えしていくことで、おふたりの結婚式がご列席された方々にも大切なかけがえのないお時間になるのだと思います。

ぜひ挙式もおふたりとご参列されたゲストの方々に一生の思い出としていただけるように準備を進めてみてはいかがでしょうか。