少人数結婚式ならではの魅力。結婚式で親孝行を。

最近では家族だけや家族と親族、ごく親しい友人だけを招いた少人数結婚式が増えています。だからこそできることが、伝えられることが、たくさんあるんです!

一人ひとりに合わせたおもてなしができる!

誰よりもおふたりの結婚を喜んでくれている両親や小さな頃からお世話になっているおじさん、おばさん、学生時代からの友人など、その一人ひとりに感謝の気持ちをこめてきめ細やかなおもてなしができるのは少人数ならでは。

例えば、全員にお手紙やプレゼントを用意したり、幼いころ親族の集まりで一緒に撮った写真や、ゲスト一人ひとりと写っている思い出の写真を映像で流したりするのも盛り上がりますね。

一緒にお料理を楽しむことができる!

80人以上の披露宴では演出一つを取ってもそれなりに時間がかかり、決められた時間内ではなかなか一人ひとりとお話しすることは難しいです。
例えばテーブルを回っても全員とはお話しできず、ゲストの方も「おめでとう」のお声がけが精一杯というような時も多いです。

また、せっかくの美味しいお料理も、人数の多い披露宴では演出もたくさんあったりして新郎新婦は結構いそがしく、召し上がれないことが多かったりします。ゲストからみても、今は食べてるから後にしようかなと、気を遣ってしまうことも・・・。

その点、少人数の披露宴ではアットホームな雰囲気の中、ゲスト一人ひとりとゆっくりお話しする時間を取ることができます。一緒にお料理を楽しみながら、大切な人たちに囲まれて和気藹々と過ごすことができるのでおふたりにとってもゲストにとっても嬉しいことだらけです。

挙式で親孝行ができる!

結婚式で大切なことはおふたりが幸せになる覚悟と誓いをたてること、そして親御様への感謝を伝えることだと、私どもでは考えています。また、知り合ったばかりの家族・親族の絆を深める大切な儀式でもあります。

式の進行や式次第に制限のない人前式は、おふたりがこの日を迎えるにあたって伝えたい家族への想いをカタチにすることができます。他の挙式スタイルの良いところを合わせることだってできます。

例えば、和装が良くても神前式ではお父様と一緒には歩けませんが、人前式ではそれが叶います。また、今まで育ててくれた感謝の思いを式の中で言葉で伝えることもできますし、ご両親と一緒に行う儀式を取り入れることも可能です。

親御様にとって結婚式は、ある意味子育ての修了式でもあり、特別な想いでこの日を迎えられることと思います。ゲストの皆様に立派にご挨拶されている姿や、美しい花嫁姿で皆に祝福されている姿を見て、きっと安心されると思いますし、誇らしく思われるのではないでしょうか。結婚式を行うことが、お家にいるのとは違う成長した姿を見ていただくことができ、親孝行になるのです。

ぜひおふたりの思いを込めたおふたりらしい結婚式を挙げてください。そして、これから先も見守っていただけるようゲストの皆様に向かってしっかりと家族になる誓いをたてて、幸せなご家庭を築いてください。