披露宴よりも先に挙式を考えませんか

結婚式は一体いつから選択制になったのでしょう?

世界の国では、結婚をする時に結婚式を挙げるのは当たり前の事です。それが何故か日本では結婚式をするかしないかという選択をするところから始まります。

結婚というのは、それまで違う道を歩んできたふたりがこれから先夫婦となり家族となって幸せも苦労も共に過ごして行く事です。

そして結婚式は、その誓いと決意を神様や皆様に宣誓し承認していただく儀式ですので、本来はまずどんな挙式にするかを考えることから始めるべきです。式を挙げてから披露宴のスタイルをどうするのか考えれば良いのです。ですから結婚式は必ず行うべきもののはずです。

世界中で当たり前に行われていることが何故日本では出来ないのか。それはなんと言っても、挙式はそっちのけでどんな披露宴にするかを最初に考え、披露宴会場探しから結婚式の準備が始まるという日本独特の結婚式スタイルにあります。

まず披露宴の場所が決定する、その場所代にとてつもないお金がかかる、その後のアイテムでどんどん金額が加算され、人数も思っていたよりどんどん増え、想像以上に豪華な披露宴をせざるを得ない状況になるのです。

そして肝心の挙式は、来られたら参加して下さいという感じで会場の決まったスタイルで何となく流してしまいます。結婚式専門の雑誌も、平均挙式額なんていうものを出していますがこれは披露宴の金額で、それを下回るとお粗末な感じがしてしまい、誰の時はこんなステキだった、誰の時はこんなに豪華だった、私はそんなに金額をかけられない、だったら挙げない、という選択肢が生まれてしまいました。

でも、一度結婚式を挙げる意味に立ち返って考えてみて下さい。豪華な場所で高価な衣装を着て、大勢呼んで、、、これは婚礼業界がバブルの時代に合わせて作り出した「披露宴」のスタイルであっていわゆる「結婚式」ではありません。

本来結婚式はお互い死ぬまで信頼しあって共に生きていく誓いをすることなのです。本当の結婚式の意味がわかっている方はそんなに金額がかかるような結婚式はしていません。自分たちに最もふさわしい形で無理のない予算の中で挙げています。

結婚式というのはどんな場所でもどんな衣裳でも、おふたりだけでも神様の前でも大切なご家族だけでも、ふたりが本当に真摯な気持ちで結婚を誓える形で式を挙げれば良いのです。

シンプルに、そしてそこに自分達らしさをプラスしながら、挙げてよかったと心から思える、そして何年経ってもその誓いを胸に思い起こせる結婚式を挙げてください。
ピアンウエディングは、本当の結婚式を大切にしたい方々のお手伝いをさせていただきます。