会場見学で失敗しないために必要な“3つの目”

みなさんは結婚式の会場を選ぶ時、どのような基準で選ばれていますか?インターネットや雑誌を見てると素敵な会場がいっぱいあって悩んでしまいますよね。特に初めて式場をに見に行く時は、どういうポイントに気をつけて見学をしたら良いのか分からないと思いますので、会場見学で失敗せずに自分たちにぴったりの会場を見つける方法をお話します。キラキラ華やかな会場を見るとワクワクしますし、とっても楽しくて幸せな気分になりますが、肝心なポイントはきっちり押さえて選んでいきましょう!

<会場見学でチェックすべき3つの目とは>

・自分たちの目線

おふたりが気に入った会場が、自分たちの考えている挙式&披露宴の時間でできるのかを確認することは重要です。例えば、この会場がいいけど希望の時間には空いていないとか、11時からの挙式がいいけどそうすると呼びたい人数が入る会場は取れないとか、空き状況や会場のその日の回転数などによって、時間をとるのか会場をとるのかなどをその場で決めて調べてもらうことになります。できれば日時などは3パターンくらいのプランを、そして自分たちは何を最優先したいかを事前に考えておくと良いですね。また、当日着替える場所にお化粧室があるかということも意外と大切です。外のトイレですと衣装のまま行かないといけないので結構大変なんです。あとは、控室から挙式会場や披露宴会場までの距離はどのくらいあるかもチェックすると良いかも。会場の周りや外観など、写真撮影の背景になりそうな場所がどうなっているのか確認しておくのも良いかと思います。

・親御様の目線

自分たちでは気にならない事も親御様にとっては心配なことが色々あります。特にご親族のケア、ご案内係の対応、導線が難しくないか、このあたりは最低限チェックしましょう!最近では親御様のサポートをしてくれる係(バトラー)を手配してくれる会場もあるぐらいです。そして、親族紹介(両家の親族が初めて一同に集まるのが結婚式当日なので、紹介の時間を取っていることが多いです)には新郎新婦が入るのか入らないのか、親族紹介をする場所はどういったところなのかを確認できたら、親御様も安心かと思います。

・ゲストの目線

前回のブログで書いたようにまずは会場見学の前に招待客リストを作成することが重要です。ご列席する方の中には車椅子の方や小さなお子様連れでベビーカーを使用する方はいませんか?駐車場の有無、最寄り駅から会場までの道のりはどうでしょうか。当日女性はヒールの高い靴を履く方も多いですから、駅から離れている会場でしたらバスの有無も聞いておくと喜ばれます。他に女性のゲストが気になる部分としては更衣室の有無や、ゲストが使用できるお化粧室の数など。
披露宴会場では最大のテーブル数と1つのテーブルに座れる人数も確認しておきましょう。テーブルにぎゅうぎゅう詰めで座るよりは少し余裕があった方がゲストは過ごしやすくなります。
*前回のブログはこちらです。

いかがでしかた?是非、3つの目線を参考にしながら会場見学をしてみてください。
実際には、どれも完璧な会場というのは少ないと思います。おふたりにとってどの目線を1番に考えるのか、優先順位を決めると自分たちの結婚式に会う会場が見つかりやすくなるでしょう。